スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

リタリンの規制で緩和ケアに影響

リタリンは、依存性の高い向精神薬です。そのリタリンの乱用が社会問題となり、流通が規制されるようになっています。

そのなかで、リタリンを何とか入手しようと、自称「患者」が急増しているようです。

自称「患者」は、病院の紹介状などを偽造したり、唯一リタリンの適応症として承認されているナルコレプシー(睡眠障害の一種)を装ったりしています。

大阪市のある病院に、関東地方のクリニックの紹介状を持ってきた患者が訪れました。「ナルコレプシーと診断された」とリタリンを要求してきたそうです。

しかし医師が診断してみると、ナルコレプシーではなく、紹介状も偽造とみられるといいます。
これに似た手段を使って、リタリンを入手しようとする人が急増しています。

また、緩和ケアの現場でも問題が生じています。 リタリンが使えなくなったため、がん患者の疼痛緩和に支障が出るなど、混乱が続いているようです。

がん患者の緩和ケアの中でモルヒネを使うことがあるのですが、モルヒネには眠気や倦怠感などの副作用があります。その副作用を取る手段として、リタリンが高い割合で使われていました。

厚生労働省研究班の調査(2006年11~12月)によれば、緩和ケア病棟を持つ112医療機関の8割で、リタリンが使用されていたようです。
今回の規制で、モルヒネの副作用にリタリンが処方できなくなりました。モルヒネの副作用のつらさに耐えかねてモルヒネを拒否し、がんの疼痛に耐える患者が増え、医療者も対応に窮しているといいます。
がん患者にとっては、「モルヒネの副作用のつらさ」と「かんの疼痛のつらさ」のどちらかを選ぶしかないのでしょうか。とても悲しい現実です。
厚生労働省は、医師主導の治験に限って緩和ケアでのリタリンの使用を認めました。しかし、本人の同意が必要なこと、処理手続きが煩雑で、症状が日によって変わる患者には使用しにくいのが現状です。 緩和ケアではリタリンを望む患者が多く、医師から規制に批判の声も上がっています。
一日も早い改善を、望んで止みません。

おかい訪問マッサージでは、皆様の健康を応援しています。
医療マッサージ・鍼灸で、QOL(生活の質)の維持・向上を目指しましょう。 >>マッサージランキング

それぞれ1日1回クリックして、応援して下さいね。3つクリックしてくれると順位が上がります。

◆ ◆ ◆ クリックお願いしま~す♪ ヨロシクお願いします。 ◆ ◆ ◆

→ → → 人気blogランキング(88x31))banner_2 にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ FC2ブログランキングc_01(88x30ピクセル赤) ← ← ←
  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑  
関連記事
訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

theme : ガン治療| genre : ヘルス・ダイエット

tag : 向精神薬 リタリン 緩和ケア がん患者 医療マッサージ 訪問マッサージ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

blogランキング
訪問医療マッサージの詳細は こちら

人気blogランキング(80x15)banner_02赤

にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ

FC2ブログランキングe_01(80x15英字・赤)

訪問医療マッサージの詳細は こちら
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
楽天
お気に入りボタン

My Yahoo!に追加
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。