スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

マッサージの効果

『肩が凝ってしょうがないから、肩を揉んでくれないか』などと言って、家族の誰かに肩を揉んでもらったりすることは、どこの家庭でもよくあります。また、誰でも神経痛などで急に手足が痛んだりすると、思わずその部を手で押さえて、なでたり、さすったりします。寒い冬の朝、思わず冷たい手をこすったりします。この様なことは、古今東西を問わず、人間が自然に行う行為です。この自然に行う行為を、どのような時に、どのような手技が良いかを生活の中で経験的に生み出し、それを科学的に体系化したのが「あん摩マッサージ指圧師」が行っているマッサージです。マッサージ(あんま・指圧を含む)の効果は、全身の組織・器官の機能異常を調整し、生理的状態に回復させることで、次の作用があります。 >>マッサージランキング

  1. 興奮作用

    病的に機能の減退している神経、筋肉に対してマッサージを行って、興奮性を高め、機能の回復を図ります。例えば、運動神経麻痺、知覚減退などに対して効果的です。

  2. 鎮静作用

    1の興奮作用とは逆に、病的に機能の昂進している神経や筋肉に対してマッサージを行い、興奮性を減退させ、鎮静を図る作用です。例えば、神経痛、けいれん、筋肉の凝り、知覚過敏などに対して効果的です。

  3. 反射作用

    病巣から遠く離れた場所にマッサージを行い、生体の反射機能を利用して、神経や筋肉、内臓などに刺激を与え、その機能の調整を図る作用です。内臓に異常があると、神経を介して、その反応が特定の部位(皮膚や筋肉など)にしばしば異常な変化(知覚過敏、筋肉の凝り、圧痛など)を現します。この異常な変化を、西洋医学では「連関痛」という言葉で、東洋医学では「ツボ」をという言葉で言い表します。これらの反応部位にマッサージを行って、凝りや痛みなどが緩解または除去されるのに伴って、神経を介して、内臓の異常、病的症状も軽減されていくのです。例えば、喘息の時には肩甲骨の間のマッサージが効果的です。神経性胃痛の時には、背中のマッサージが効果的です。また、便秘の時の腰のマッサージも非常に効果的です。

  4. 誘導作用

    病巣に、発赤(炎症などで、局部が充血し赤くなること)や腫脹が激しく、直接患部の治療ができない場合に、その部より体の中心部にマッサージを行って、血液やリンパの流れを促進して、患部の出血や病的滲出物を誘導し、排出します。例えば、膝の関節の腫れには、太股にマッサージを行います。また、足関節の腫れに対しては、すねやふくらはぎ、太股のマッサージを行います。

  5. 調整作用

    関節の拘縮などで、正常な関節の運動範囲が制限された場合に、身体の形態的な異常を、正常な形態に戻し、それによって機能の回復を図ります。捻挫、脱臼、骨折の後などに残る関節の拘縮などに応用します。 >>マッサージランキング

それぞれ1日1回クリックして、応援して下さいね。クリックしてくれると順位が上がります。

ヨロシクお願いします。

  ↓ ↓ ↓
人気blogランキング(88x31))banner_2

  ↓ ↓ ↓  ~クリックしてね~♪
にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ

  ↓ ↓ ↓
FC2ブログランキングc_01(88x30ピクセル赤) ←←← クリックお願いしま~す♪

訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

スポンサーサイト

theme : 健康で過ごすために| genre : ヘルス・ダイエット

tag : マッサージ あん摩マッサージ指圧師 興奮作用 鎮静作用 反射作用 誘導作用 調整作用

blogランキング
訪問医療マッサージの詳細は こちら

人気blogランキング(80x15)banner_02赤

にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ

FC2ブログランキングe_01(80x15英字・赤)

訪問医療マッサージの詳細は こちら
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
楽天
お気に入りボタン

My Yahoo!に追加
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。