スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

3月の風物詩…ひなまつり

女の子が生まれて初めての節句、3月3日桃の節句にお祝いをします。
この節句は、江戸時代に定められた5つの節句「五節句」で、「五節供」とも書きます。 >>代替療法

3月3日桃の節句といえば、やっぱり忘れてはならないのが「雛祭り(ひな祭り,ひなまつり)」です。
ひな祭りは、男雛と女雛で一対となる内裏雛を中心とする人形を飾り、桃の花を飾って、菱餅、雛あられ、白酒などを楽しむ節句祭りで、女の子の健やかな成長を願います。

お雛様(おひなさま)には、子供の災厄の身代わりとなり、事故や病気から守ってくれるように、また子供の成長と幸せを願う気持ちが込められています。
だから、女の子ひとりずつにお雛様を用意してあげたいものです。姉妹でも共有せず、それぞれのお雛様を用意してあげましょう。まして、お雛様が母親のお下がりだなんて事は、当然ながら避けましょう。

姉妹であっても、女の子ひとりずつに七段飾りの「雛人形(ひな人形)」を用意してあげたいと思うのは、親心として当然でしょう。そして姉妹の雛人形、それぞれ並べて飾ることが出来れば、とても嬉しいですね。
姉妹それぞれに七段飾りの雛人形は特別としても、姉妹それぞれの「おひなさま」を飾れば問題ないのですが、現在の住宅事情ではとても大変です。
もちろん、姉妹でお雛様を共有している家庭も有ります。昔ながらの習慣も時代と共に変わりますので、周囲や本人が気にしなければ、別に構わないのではないでしょうか。


もし姉妹それぞれにお雛様を用意するなら、二人目・三人目の女の子には「市松人形」とか「立ち雛」などもおススメのようです。

雛人形を並べる際、女雛は右側と左側のどちら側でしょうか。

  ↓
  ↓正解は?
  ↓
実は、どちらも正解なのです。

最初の頃、「女雛が右側(向かって左側)」でした。
現在では、「女雛が左側(向かって右側)」が一般的です。

本来の「男雛が左側(向かって右側)で、女雛が右側(向かって左側)」というのは、左側優位という考え方から来ています。
『天子南面』という言葉が論語にあり、これは「皇帝などの偉人は南に向いて座る」という意味です。そして、南に向いたとき、日の出の方角つまり「東=左側」が上座で、日没の方角つまり「西=右側」が下座であるとされています。
そこで、上座である左側(向かって右側)に男雛を飾り、下座の右側(向かって左側)に女雛を飾ることになっていたのです。

ところが、昭和天皇の「即位の礼」の時、「天皇が右側(向かって左側)、皇后が左側(向かって右側)」に並ばれたので、関東を中心に雛人形の位置もこれに合わせるようになり、それが一般化して現在の「男雛が右側(向かって左側)で、女雛が左側(向かって右側)」になっているそうです。
ただし現在でも、伝統を重んじる京都などでは、本来の「男雛が左側(向かって右側)で、女雛が右側(向かって左側)」とするところも多く見られるようです。 >>人気ランキング

ちなみに、「天皇が右側(向かって左側)、皇后が左側(向かって右側)」に並ばれたのは、国際儀礼(プロトコール)が右上位だったからだそうです。

おかい訪問マッサージでは、皆様の健康を応援しています。
医療マッサージ・鍼灸で、QOL(生活の質)の維持・向上を目指しましょう。 >>マッサージランキング

それぞれ1日1回クリックして、応援して下さいね。クリックしてくれると順位が上がります。

ヨロシクお願いします。

  ↓ ↓ ↓
人気blogランキング(88x31))banner_2

  ↓ ↓ ↓  ~クリックしてね~♪
にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ

  ↓ ↓ ↓
FC2ブログランキングc_01(88x30ピクセル赤) ←←← クリックお願いしま~す♪

訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

スポンサーサイト

theme : 実用・役に立つ話| genre : 趣味・実用

tag : ひなまつり ひな祭り 雛祭り 雛人形 ひな人形 内裏雛 市松人形 立ち雛

冬の風物詩(2月):節分…豆まき

節分といえば、やっぱり「鬼は外!福は内!」と言いながらの豆まきデスね!
子供の頃から慣れ親しんでいるせいもあり、節分の日には当然のように豆まきをやっている方も多いと思います。

ところで、お宅ではどんな風に豆まきしてますか? >>人気ランキング
テレビなどでよく見かけるのは、家の外に向かって『鬼は~外』と言いながら豆を撒き、続けて『福は~内』と言いながら豆を撒く場面ですね。でも、どこの家庭でもそうなんでしょうか?きっと、そんなわけ無いでしょうね。
ある家庭では、家の外に向かって『鬼は外』『鬼は外』『鬼は外~』と言いながら3回続けて豆を撒き、それが終わると家の中の神棚などに向かって『福は内』『福は内』『福は内~』と言いながら3回続けて豆を撒くそうです。各家庭で豆まきのルールは微妙に違うと思います。いつの間にか出来た「豆まき」の我が家のルールがあるのでしょう。

そこで、典型的な家庭版豆まきのやり方を紹介します。

  1. 福豆を準備する

    福豆とは炒った大豆。豆を炒り、三方または枡(ます)に入れて神棚に供えておく。

    三方…神様に食物などを供える白木の台

  2. 夜に豆まきを行う

    必ず家族全員揃ってから行う。

  3. 豆を撒くのは、一家の主人の役目

    本来は一家の主人や長男の役目だが、年男・年女・厄年の人が豆を撒く場合もある。ただし、家族のイベントという意味合いも強いため、家族全員で豆を撒くのをお勧めする。

  4. 『鬼は外!福は内!』と言いながら、下手投げで豆を撒く

    家の玄関や窓を開けて『鬼は外!』と2回豆を撒き、鬼が戻って来ないうちにすぐ戸や窓を閉める。そのあと、部屋の中に『福は内!』と2回豆を撒く。 奥の部屋から順番に鬼を追い出す様にして、最後は玄関まで豆を撒く。
    胸の辺りで福豆の入った枡を持ち、そこから豆を撒く様な感じで行う。下手投げと言っても、ソフトボール投げではない。

  5. 最後に豆を食べる

    豆まきが終わった後、一年の厄除けを願い、自分の満年齢より一つ多く豆を食べる。数が多くて豆が食べ切れない場合は、福茶を飲む方法でも構わない。

節分の日に豆まきをして鬼を追い出すのは、なぜでしょう? >>FC2 Ranking

本来、節分とは「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことですね。季節が変わる立春・立夏・立秋・立冬ですが、そのうちで春になる立春は新年に相当する訳です。その立春の前日である節分は年の変わり目になるので、特に大切な節目なのです。だから節分といえば、立春の前日だけを指すようになってきたのです。
また、季節の変わり目には邪気が入りやすいため、新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むのです。

「鬼」は目に見えない気、主として邪気を指す「陰(おん)」に由来し、形の見えない災害,病,飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。
大豆には霊的な力が宿ると信じられ、昔から神様への供え物として使われています。その豆を魔の目(魔目=まめ)に投げつけて、魔を滅する(魔滅=まめ)ということにも通じるそうです。
だから新しい年(立春)を迎える前日(節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気を払い、福を呼び込もうとした訳です。

【豆は「炒り豆」】
豆まきに用いる豆は、炒り豆でなくてはいけません。 これは生の豆を撒き、その豆から芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからです。また、「炒る」が「射る」にも通じています。 >>にほんブログ村

落花生で豆まき?
北海道・東北・信越地方の家庭を中心に、九州(特に鹿児島県と宮崎県)の一部の家庭でも行われる落花生の豆まき。この落花生を撒く豆まきって、実は合理的なんです。
  • 落花生は殻付きのままで撒く
  • 撒いた落花生を拾い集めて食べる
ほらね!落花生なら撒いた後で拾って、そのまま食べることが出来て、無駄もないでしょ。殻付きですから中身はきれい、大きいから拾うのも簡単、小さなお子さんでもそこそこ安心。とても合理的なシステムです。
お年寄りのいる家庭でも、落花生の豆まきはお勧めですね。
じゃぁ、歳の数だけ豆を食べるとき、どう数えるのでしょう?
落花生は殻付きの状態で歳の数だけ数えるのでしょうか?それとも中身(ピーナッツ)で歳の数だけ数えるのでしょうか?ちょっと疑問に感じますね。
実は、落花生の殻付きの状態で数えるのが一般的なようです。 >>人気ランキング

【鬼と鰯(いわし)】
鬼の嫌いなものは、「臭い鰯の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされます。そこで、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置き、鬼の侵入を防ごうという風習(焼嗅=やいかがし)もありますが、最近ではほとんど見かけなくなりました。
またイワシを焼くことで、その臭いと煙で鬼(邪気)を追い払うといわれます。節分の日に、イワシが食卓に並ぶ家庭も多いですね。
鬼の苦手な鰯を食うとは…、鬼より人間の方が強いのかも!? >>にほんブログ村
【鬼の角と牙】
一般に鬼の姿は、人身に牛の角と虎の牙を生やし、裸で虎皮のふんどしを締めているイメージだと思います。
鬼が出入りするとされる鬼門は、丑寅の方角なのです。だから鬼は、牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているのです。ヒョウ柄のふんどしではありませんよ。
【鬼門(きもん)】
鬼門とは、北東(丑寅・艮=うしとら)の方角のことです。 陰陽道では、鬼が出入りする方角であるとして、万事に忌むべき方角としています。北と西は陰,東と南は陽とされ、北東と南西は陰陽の境になるので、不安定になると説明されます。
また、鬼門とは反対の南西(未申・坤=ひつじさる)の方角を裏鬼門と言い、この方角も忌み嫌われます。
現在でも、家の中央から見て鬼門にあたる方角には、門や蔵および水屋・便所・風呂などの水を扱う場所を置くことを忌む風習が強く残っています。 >>FC2 Ranking

2月の風物詩:節分   >>恵方巻き / 豆まき

おかい訪問マッサージは、皆様の健康を応援しています。
医療マッサージ・鍼灸で健康に!

それぞれ1日1回クリックして、応援して下さいね。クリックしてくれると順位が上がります。

ヨロシクお願いします。

  ↓ ↓ ↓
人気blogランキング(88x31))banner_2

  ↓ ↓ ↓  ~クリックしてね~♪
にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ

  ↓ ↓ ↓
FC2ブログランキングc_01(88x30ピクセル赤) ←←← クリックお願いしま~す♪

訪問医療マッサージの詳細は こちら

「医療マッサージを出張!おかい訪問マッサージ」のTOPページへ

theme : 健康、美容、ダイエット| genre : ヘルス・ダイエット

tag : 節分 豆まき 落花生 恵方巻き 風物詩 医療マッサージ 鍼灸

blogランキング
訪問医療マッサージの詳細は こちら

人気blogランキング(80x15)banner_02赤

にほんブログ村 健康ブログ マッサージへ

FC2ブログランキングe_01(80x15英字・赤)

訪問医療マッサージの詳細は こちら
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
QRコード
QR
楽天
お気に入りボタン

My Yahoo!に追加
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。